次世代型駐車場「円形全自動立体駐車場システム」

円形全自動立体駐車場システム

エイトアンドグローバル株式会社は、「環境・美観・人に優しい駐車場つくり」をコンセプトとした次世代型駐車場「円形全自動立体駐車システム」を開発いたしました。
従来の地下自走式駐車場に比べ、脅威の低コストと土地効率の高さを実現しています。
海外輸出に対してはスピーディーな輸送システムを確立しました。エイトアンドグローバル社内にて製造・調整後、簡易分解。その後設置場所までコンテナ輸送し、現地で簡単に組立・据付が可能です。

  • 4つの利点
  • システムの特徴
  • スペースの節約と収益性

円形の可能性を最大限に生かした、世界初の円形機械式(エレベータースライド式)立体駐車装置。

円形地上全自動機械式駐車場

地上式では日本初となる円形地上全自動機械式駐車場の設置に成功。

土地270㎡(約80坪)に最大46台の駐車が可能。(12間口×4層=48台仕様) 駆動部分が円形中心に集中している為、1台当りが占める占有面積22.5㎡/台はスペース効率トップクラスです。(工作物では最高)(短形式の場合27㎡/1台当り。自走式の場合36㎡/1台当り。)

プレハブケーソン方式

地下式でも世界初となるプレハブケーソン方式での円形地下機械式駐車場の設置に成功。

従来の自走式地下駐車場と比べて収容効率は3.5倍!コストは4分の1で済みます。
地上面積わずか280㎡(85坪)に60台が収容出来ます。
一般的な平置駐車と比べると、約5倍の収納力です。

  • 施工実績一覧
pagetop