会社案内

  • ごあいさつ
  • 代表者プロフィール
  • 会社概要
  • 関連会社
  • 円形全自動立体駐車場システム動画配信中
  • 輸出企業パートナー募集中
  • 施工実績一覧はコチラ
  • JETRO日本貿易振興機構(ジェトロ)

ごあいさつ

世界で勝負ができないか・・・

工業製品としての合理性、伝統、丁寧、清潔。
外国が評価する日本のイメージに合った製品をつくり、アピールすれば
弊社のブランドも世界で勝負が出来る。

弊社は関連会社であるエイトシステム株式会社の持つ物流機械(FA:ファクトリーオートメーション)の技術と共に、高度な機械式駐車場の市場に注目し市場参入や開発を行って参りました。主に国内の大手メーカーに対して、製品開発とOEM供給を致しております。
最初は2段式駐車装置の開発から始まり、単列パズル式や複合パズル式を開発し、現在はエレベータースライド式、ターンテーブル等もOEM致しております。2002年には台湾において、世界初のプレハブケーソン方式での円形地下式駐車装置を開発・製造に成功致しております。その後、国内で日本発となる地上式の円形機械式駐車装置を開発・販売しました。

新たなステージへ

機械式駐車場の分野で新たなステージを切り拓いた
「円形機械式立体駐車装置」

「環境・生活・人に優しい駐車場」をコンセプトとした円形立体構造で、脅威の低コスト、土地効率性の高さを実現しています。
海外輸出に対してはスピーディーな輸送システムを確立しました。
エイト&グローバル社内にて、製造・調整後、簡易分解。その後、設置場所までコンテナに装置を積み込み、現地にて簡単に組み立てることが出来るので、海外からの引合いでも迅速に対応が出来ます。
現在、その円形地上(地下)式駐車装置を商品の核に、UAE(ドバイ、シャルジャ)、クロアチア(ザグレブ)、ロシア(モスクワ、ソチ)、中国(杭州、重慶)、マレーシア(KL)等へ貿易商社や機械商社、地元メーカー等を通じ開発事業を進めております。

世界各国への販売

国内市場のみならず、世界各国への駐車装置の輸出販売の機会を模索。

販売へのアプローチの方法は多岐にわたると思います。また販売に到るには、現地国内メーカーやゼネコンとの協力も必要になって参ります。特に地下式において考えますと、世界中でみられる都市部中心での交通渋滞問題や環境問題においても、この地下方式での公共事業レベルでのプレゼン効果は絶大と考えます。
アメリカやカナダの都市の中心部は再活性化の動きがあり、新しいビルが建設されており、プロジェクトの初期段階から入る必要があると思います。 ヨーロッパの人達は町並みを変えることには非常に抵抗を感じます。従って駐車場が最も必要な中心市街地での建設は非常に難しいと思います。しかし可能性としては建物の中庭があればそこに地下式を建設することは可能だと考えます。
またヨーロッパの公共機関は、地下鉄の建設その他の輸送システムを作り、郊外の駅に駐車場を作り、いわゆる PARK&RIDE方式を進めています。こういった郊外の駅に地下式駐車場の建設の可能性もあると思います。
上記の台湾でのデモ機製作も、当初、台北市の要請もあり、この事業が行われました。
ロシア向けもソチ市(黒海沿岸のロシア有数の保養地でプーチンの別荘があるところで知られています)が、観光用ランドマーク的な位置づけと投資効率の面で興味を示しております。
中国では、杭州にある観光地である西湖沿岸に、杭州市政府の協力(土地の供給とBOT方式:Built,Operation,Transfer)を得て地下式での建設を計画中です。
また、ドバイやBRICsのような急激に発展している地域では、多くの都市で新しいプロジェクトが多いと思います。これもプロジェクトの初期段階から参加できれば非常に有望と考えます。

国家的貢献事業

本機の売り込みを図るには先ず、採算性の計算方式を確立する事。

状況別の建設費、運営費、稼働率、収益性、等の状況を加味して、投資効率や事業採算性を割り出すことが重要であります。
また、国家の都市インフラ整備計画とも合わせた計画が必要になり、交通渋滞緩和や都市景観づくりにも寄与するであろう、たいへんな国家的貢献事業と考える事が出来ます。
日本国内においても、従来のような中心市街地活性化事業と銘打った巨額の公共事業費の在り方がここにきて見直され始めました。従来の「ただ穴を掘るだけ」の高価な地下駐車場建設に替わり、安価で便利で安全性の高いユニット工法の地下駐車場が注目されております。 私の好きな言葉の一つです。

ハーベイ・ホーンスタイン「経営者の勇気」より

信念・・・そして必要性と将来性

本事業に対し、強い信念を持って取り組み、高い必要性と将来性を確信。

是非ともこのサイトをご覧の皆様にこの事業につきご理解頂き、様々な方面においてアドバイス又はコーディネートして頂ければと思います。
長くなりましたが、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
今後の弊社の活躍にご期待下さい。

エイトアンドグローバル株式会社
代表取締役 永善弘剛

Hirotake Eizen
pagetop