技術情報

  • システムの特徴
  • 4つの利点
  • 円形全自動立体駐車場システム動画配信中
  • 輸出企業パートナー募集中
  • 施工実績一覧はコチラ
  • JETRO日本貿易振興機構(ジェトロ)

スペースの節約と収益性

スペースの節約と収益性
  • 地上の有効利用
  • 構造(形状)が最適
  • 工期が短い
  • 建物の基礎として利用

4つの利点(1) 「地上の有効利用」

地下に駐車場を設置することにより、地上スペースを有効利用できる。

駐車場以外に地上が使えない例
タワー式駐車場
  • タワー式駐車場
自走式プレハブ駐車場
  • 自走式プレハブ駐車場
地上の景観を損ねない地下円形機械式駐車場
地上部を公園として利用
  • 地上部を公園として利用
建物の地下に駐車場
  • 建物の地下に駐車場

4つの利点(2) 「構造(形状)が最適」

コンクリートの「圧縮に強いが、引張に弱い」という性質と
土圧を考慮すると「円形」が構造上、最適である。

短形の場合
短形の場合
  • コンクリートは圧縮に強いが引張に弱い
  • 変形が大きい
  • 引張力が発生する
  • 壁厚が大きくなる
円形の場合
円形の場合
  • 変形が小さい
  • 引張力が生じない

1フロアー10台駐車の場合を比較すると
1台あたりの占有率、スペースの利用で円形形状が合理的。

短形の場合
短形の場合
  • 約270㎡/フロアー
  • 1台あたり27㎡
  • 移動のための中央列スペースを空けておく必要あり
円形の場合
円形の場合
  • 約240㎡/フロアー
  • 1台あたり24㎡
  • 扇形のスペースが空くが、貯水槽・電気室等のスペースに利用できる
  • 円形形状は、車の配置が合理的

4つの利点(3) 「工期が短い」

概略行程

[1] 刃口の構築 [2] プレキャストセグメントの組立 ← 繰り返し → [3] 掘削と同時に沈設

特徴

  • 仮設備が不要
  • コンクリートの養生期間その他が不要
  • 掘削と沈設が同時に行える
  • 掘削土量の低減

4つの利点(4) 「建物等の基礎として利用」

地下駐車場を建物等の基礎として利用することで
基礎杭を減少、あるいは省略することが可能。

建物等の基礎として利用
  • 仮設備が不要
  • コンクリートの養生期間その他が不要
  • 掘削と沈設が同時に行える
  • 掘削土量の低減

PERFECT PARKING 資料

平面図・断面図

平面図
平面図
断面図
断面図

入庫までの流れ

[1] PERFECTPARKING入口
  • [1] 入口
[2] 入庫中
  • [2] 入庫中
[3] 降下回転中
  • [3] 降下回転中
[4] 昇降回転装置
  • [4] 昇降回転装置
[5] パレット引き込み中
  • [5] パレット引き込み中
[6] 入庫完了
  • [6] 入庫完了

円形地下駐車場標準寸法工期(単位:mm)

収容台数(台)   頂部スラブ B1 B2 B3 B4 B5 ピット ピット深さ 下床板 床盤スラブ 刃口 ケーソン段数 掘削深さ 掘削土量(㎥) 工期(土木工事) 工期(機械工事) 総工期
30 30L1 800 3,700 2,500 2,000 2,700 11,700 600 2,600 1,500 21 14,900 4,092 5ヶ月 2ヶ月 7ヶ月
40 40L1 800 3,700 2,500 2,000 2,000 2,700 13,700 900 3,300 1,500 26 17,900 4,916 6ヶ月 2ヶ月 8ヶ月
50 50L1 800 3,700 2,500 2,000 2,000 2,000 2,700 16,200 1,200 3,900 1,500 32 21,300 5,850 7ヶ月 2ヶ月 9ヶ月
pagetop